生息不能の場所を作る|ハチ退治の達人|死に至る危険性のあるスズメバチ

ハチ退治の達人|死に至る危険性のあるスズメバチ

生息不能の場所を作る

駆除

南京虫とは、吸血性のある寄生昆虫のことで主に畳などに生息しています。本来南京虫は、海外に生息していた寄生昆虫ですが、2000年以降日本のあちこちで多く繁殖し、人々を悩ませています。南京虫に刺されると肌に刺し傷が残ります。痛みはありませんが、皮膚は赤く腫れ、かゆみが発生してしまいます。人によってかゆみの頻度は違いますが、敏感肌の人だと水ぶくれのようになってしまう可能性もあるので注意が必要です。南京虫は室内に生息する習性をもっていて、ペットを飼っているお家は特に要注意です。床がフローリングになっているお家なら発生率も低くなりますが、畳の場合は大量発生してしまう場合があるので、一匹でも発見したときにはすぐに南京虫駆除が必要になります。
南京虫駆除を専門的に行っている業者では、再発防止のため様々な薬を使用しています。畳の張替をするだけでは、南京虫駆除ができないので必ず信用性のある業者に依頼することが大切です。南京虫駆除をするときに使用されている薬は、人間の体に害はありませんが作業中はなるべくその場にいない方がいいでしょう。市販で南京虫駆除をする殺虫剤などを使用して発生を防いでいる人も多くいますが、市販で購入することができる殺虫剤は業者が使用しているものと比べると効果が低いので再発の大きな原因となってしまいます。南京虫駆除は業者によって方法が違いますが、保証付きのサービスを行っている場所なら安心して依頼することができるかもしれません。