死に至る危険性があるハチ|ハチ退治の達人|死に至る危険性のあるスズメバチ

ハチ退治の達人|死に至る危険性のあるスズメバチ

死に至る危険性があるハチ

ハチの巣

日本では毎年多くの人がスズメバチの被害に遭っています。スズメバチはハチの中でも特に危険で、刺されてしまうと死に至る場合もあるので注意が必要です。スズメバチはミツバチなどに比べると体長が大きく、一度見ただけですぐ気づくことができます。しかし、スズメバチの巣は見た目で判断することが難しく、分からずに放置している人も多くいます。自分でスズメバチの巣を棒などで強く突くと簡単に駆除できますが、巣の中には大量のスズメバチが潜んでいるので刺されてしまう危険性が高まります。スズメバチの巣を駆除する時には必ず専門業者に依頼することが大切です。どんなに小さい巣でも、中に潜んでいるスズメバチの毒は強力なのでむやみに刺激することは控えたほうがいいかもしれません。
スズメバチの行動が活発になるといわれている4~6月は、巣もそれほど大きくないので簡単に駆除することができますが簡単に発見できない場合もあります。7~10月にスズメバチの巣を発見した場合は巣がかなり大きく成長している場合があるので非常に危険です。駆除を行っている業者は、知識と経験を持っているので安心して依頼できますが保証制度がない業者を利用してしまうと駆除に掛かる費用が加算してしまう場合があります。また、無料見積もりを行っている業者は、現地を訪問しての値段を提示してくれるので追加料金もなく安心ですが、悪徳業者の場合は料金追加があります。スズメバチの巣の大きさによっても料金は変動しますが、料金を比較して業者を選ぶことはとても大切です。